#menu(MenuPG)
*[[DirectShowに関するメモ>Program/memo]] [#m6b2f19b]
**VS2005環境でDirectShowを開発するための準備 [#j79b4c1b]
-PlatformSDK 2003 SP1(April 2005)をダウンロード&インストールする
--VisualStudio2005に標準で入っているPlatformSDKにはDirectShow SDKは含まれていません&br;
DirectShow SDKはDirectX SDKからPlatformSDKへ移管されたのと、(PlatformSDK April 2005)にしか現在のところ入っていないので、これをダウンロード&インストールします。&br;

---いくつかのファイルはUnicodeで上書き保存しなおさないと、nmakeが通らない場合があります。&br;また、宣言方法が古いコードが存在しているため警告が大量に出ます。
--「ctlutil.h」の278行目「operator=(LONG);」を「(long)operator=(long);」と修正しなければなりません。
--「winutil.cpp」の2094行目「for(UINT Count〜」の「UINT Count」を外に出して、宣言しなければなりません。
--「outputq.cpp」635行目「for(long iDone〜」の「long iDone」を外に出して、宣言しなければなりません。
--「wxdebug.cpp」568行目「static DWORD g_dwLastRefresh = 0;」に書き換えなければなりません。
--「wxdebug.cpp」564行目「static DWORD g_dwLastRefresh = 0;」に書き換えなければなりません。

-コマンドプロンプトの起動
-デバック用
--「cd c:\Program Files\Microsoft Platform SDK」
--「SetEnv」
--「cd Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses」
--「nmake」
--これで、「XP32_DEBUG」フォルダ内に「strmbasd.lib」が作成されます

-リリース用
--「cd c:\Program Files\Microsoft Platform SDK」
--「SetEnv /XP32 /RETAIL」
--「cd Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses」
--「nmake」
--これで、「XP32_RETAIL」フォルダ内に「strmbase.lib」が作成されます



※現状VS2003でライブラリを作成して、VS2005にあわせた修正をするほうが楽です