DirectX

  • DirectXはMicrosoft社が提供しているLibrary群です。
    • WindowsのプログラムはWin32API*1というLibrary群を元に作成されます。
       かなり万能なのですがこのAPIにも弱点があり、OSを必ず経由するためどうしても動作が遅くなってしまいます。
       ゲームなどのリアルタイム処理が必要なプログラムでは、致命的になるのでグラフィックカードやサウンドカードなどのシステムを構成するデバイスに直接アクセスして操作するための規格としてGameSDK(WinG)という規格が立ち上がり、DirectXへと発展しました。
  • 現在最新のDirectXのバージョンは「DirectX9.0c」となっています。

DirectX9 Tool

  • DirectX9用Tool「Dx9Info」はDirectX9.0bの機能を利用してビデオカードなどの情報を取得、HTMLへの書き出しを行うツールです。
    そのため動作には「DirectX 9.0b以降」が必須となります。
    また、私が確認している動作OSは「WindowsXP」と「Windows2000 SP4」のみとなっています。
  • 吐き出す情報の中にはDirectXの機能のみでは取得できない「OSのバージョン情報」などもありますが、Win32APIで行っています。
    Windows環境であれば機能するものと思われます。
  • ツールは左側の「DirectX9 Tool」下の「Download」をクリックしてダウンロードしてください。
    ファイルは「LZH」で圧縮してありますので、解凍ツールで解凍後、作成されたフォルダ「Dx9Info」内の「dx9info.exe」を実行してください。
  • 謝辞
    作成には「[[PC Game Developpers ML」の皆さんにもご協力いただいて、
    いろいろと調整できた事をお礼申し上げます。

DirectX診断ツール(DxDiag)に関して

  • DirectX診断ツール(DxDiag??.exe)はDirectXをインストールしていると使用可能なDirectX環境確認ツールです。
    COMインターフェイスを使用してプログラムからアクセスすることが可能です。
  • DxDiag? COMインターフェイスを利用したプログラム「PcInfo?.exe」を作成しました。
  • ツールは左側の「PcInfo?」下の「Download」をクリックしてダウンロードしてください。
    ファイルは「LZH」で圧縮してありますので、解凍ツールで解凍後、作成されたフォルダ「PcInfo?」内の「pcinfo.exe」を実行してください。


*1 APIはOSが公開しているプログラムインターフェイスでアプリケーションは基本的にこれを利用して作成される