Windows8.1ストアアプリでのリソースからの文字列読み込み

Windows8ストアアプリまでのように
「ResourceManager.Current.MainResourceMap.GetValue(“Resources/AppPolicy”).ValueAsString」
上記の方法で取得することはできますが、VS2013上で「これは古い方法です」と出ます。

今後(Windows8.1ストアアプリ)は
「ResourceManager.Current.MainResourceMap.GetValue(“Resources/AppPolicy”, ResourceContext.GetForCurrentView()).ValueAsString」
と「ResourceContext」を指定するのが正しい方法のようです。

Windows.oldフォルダの削除方法

Windows8からWindows8.1へ更新を行うと古い環境が「Windows.old」にバックアップされます。
これが容量を圧迫することにもなるので、更新したWindows8.1が問題ないことを確認してから、削除するといいでしょう。

デスクトップ画面から
「PC」を開く
「ローカルディスク(C:)」を右クリックしてプロパティを選択
「ディスククリーンアップ」をクリック
「システムファイルのクリーンアップ」をクリック
「以前のWindowsのインストール」等削除対象を選択して「OK」をクリック
確認が出るので良ければ「OK」

又はチャームの検索から「ディスククリーンアップ」を検索して「ディスククリーンアップ」を開くことができます。

Windows8.1が今夜(2013/10/17 20時@日本時間)リリース

Windows8.1が今夜、2013/10/17 20時(日本時間)にリリースされる。
Windowsストアの目立つところに掲載され、Windows8からはWindowsストア経由でアップデートできるとのこと。
また、秋葉原では発売記念が行われるショップもある模様。

ただし、開発環境であるVisualStudio2013の提供は2013/11/13という話なので、開発環境が整うわけではなく、Win8.1アプリに切り替わるというのも早々には考えにくいので、一般のユーザーは慌てて更新する必要はないでしょう。

まずは一晩様子を見て、情報が出そろったところでアップデートの検討をするのが良いと思います。

※VisualStudio2013ですがMSDNサブスクリプションには本日(2013/10/17)来ていました。
 MSDN契約者は8.1開発が始めることが出来そうです。
 ただ、ストアへの登録ができるかは試してみないと分からないのでその辺の確認は必要

WindowsPhone8でXAudio2のためのADPCM作成メモ

WindowsPhone8でXAudio2を使用する場合非圧縮PCMまたはADPCMの使用に限られているので、BGMはADPCMにすることで容量を節約する必要があります。
そこでマイクロソフトの「ADPCM コマンド ライン エンコーダー (AdpcmEncode)」を使用してADPCMにします。
Windows8では下記のディレクトリに存在しています。
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0\bin\x86
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0\bin\x64
後は「ファイル名を指定して実行」からコマンドラインで「adpcmencode.exe」を使用します。
defaultの設定で使用するのをお勧めします。

もぐらたたきゲーム WindowsPhone8

もぐらたたきゲームのWindowsPhone8版をリリースしました。
Windowsストアアプリ版をWindowsPhone8に移植したものです。

もぐらたたきWP8
もぐらたたきWP8

シンプルなもぐらたたきゲームです。
1分以内にガンガン叩いてください!!
ちょっとした時間のお遊びや気分転換にどうぞ!

WindowsPhone8 Application
Download-JP-Small.png
対応言語:日本語、English、簡体字中国語、espanol

WindowsRuntimeComponentでイベントを使用する場合のメモ

WindowsRuntimeComponentにイベント作成する場合の基本形

    public sealed class TestArgs
    {
        public TestArgs(int x) { X = x }
        public int X { get; private set; }
    }

    public sealed class TestEventLib
    {
        public event EventHandler<TestArgs> TestEvent;

        private void TestEventChanged()
        {
            EventHandler<TestArgs> temp = TestEvent;

            if (temp != null)
            {
                temp(this, new TestArgs(100));
            }
        }
    }

WindowsPhone8でのネイティブオーディオのメモ

Windows Phone 8 のネイティブ オーディオ API

上記のページに書いてるの事が現状の状況

デスクトップとの違いとしてはXAudio2をサポートしているものの下記のような制限がある
・使用可能なデータは、非圧縮PCM(WAVEデータ)またはADPCM
・Microsoft Media Foundation APIのサポートが限定的なため圧縮方式が基本的に非サポート
・アプリの開始と停止時にIXAudio2::StopEngine、IXAudio2::StartEngineを行う必要がある

WASAPI(Windows Audio Session API)がサポートされているので、ゲーム以外ではこれを使用するのが良い
Windows Phone のネイティブ コード用オーディオ キャプチャおよびレンダリング API
・排他モードが非サポート
・オーディオ ストリームのオフロードは非サポート
このことから、端末がすでに音を再生している場合などには対応するようにしておかなければならない模様。
また、中断時の処理もきちんと行う必要がある。