Syncfusion Essential Studio に COMMUNITY LICENSE が!

Syncfusion 社の「ESSENTIAL STUDIO」に≪COMMUNITY LICENSE≫が追加されました!

ESSENTIAL STUDIOって?

ESSENTIAL STUDIOはアプリを開発する際に使用可能なコンポーネントライブラリです。
android、iOS、Xamarin(Android,iOS,Forms)、JavaScript、ASP.NET、ASP.NET MVC、Windows Forms、WPF、WinRT、UWP、Windows Phoneの各種プラットフォームに対応しています。

何ができるの?

自作しようとすると面倒になりがちな「チャート」や「カレンダー」、「ダイアグラム」、「PDF」などをコンポーネント提供してくれています。

COMMUNITY LICENSEって結局なに?

・個人開発者
・年間売り上げ100万$(約1億円)以下の企業
・使用可能な開発ユーザー5人まで
上記の条件を満たしていれば「無償」で使用可能なライセンスになっています!
しかも、「商用アプリも可」というすごいライセンスです。

なんでそんなすごいライセンスが提供されたの?

マイクロソフト社が「Visual Studio Community」という開発ソフトの無償ライセンスの拡充を行ったことに触発されて、Syncfusion 社が提供に踏み切ったそうです。

使うにはどうするの?

COMMUNITY LICENSEのページ≫からユーザー登録をしてダウンロード後、インストールしてください。
専用のアンロックキーが提供されますので、キーの入力で使用可能になります。

さて、さらにありがたいことにSyncfusion 社は≪METRO STUDIO≫というフリーのアイコンツールも提供していただけています。
アプリの作成時に必要な各種アイコンはこれでほぼ事足りますので、ぜひ一緒に使用しましょう。

そして最後にVisual StudioXamarinを利用して、ぜひアプリを作りませんか?

Windows Phone/Windows 10 Mobile に関するゲームパッド考察

ゲームパッドを使用することができるのか?

さて、「Windows Phone/Windows 10 MobileでGamePadは使用できるのか?」ですが、結論から先に言っておきます、条件付きで可能、ふつうは無理です。

WindowsPhone8/8.1用として実は「MOGA Game On Anywhere(以下 MOGA)」が出したコントローラーがBTを利用した(おそらく)シリアル通信的な方法で、使用できるようにしていました。
ただこれは専用SDKが提供されない限り使用できないという形で、更新をしていない状況から今後使用できることはないだろうと思います。

次に目を付けたのは「Windows8.1 UpDate2(以下 WP8.1UP2)」から解禁された「Bluetooth HID Profile」の存在です。
HID(Human Interface Device)、USBにもありますが所謂入力機器の受け取りができる機能です。

さてこれを実験だと思ったのですが、残念ながら手持ちの端末には「WP8.1UP2」が降りてこないという状況でしたが、この機能は「Windows 10 Mobile(以下W10M)」でも使用可能になりました。

これはやるしかないということで、いろいろ仕込んでいたのですが、まずは先だって開催された「Microsoft MVP Asia Meet Up」イベントに参加した際にMADOSMAをW10Mにアップされた方が持ってきているよなと思い、接続を試させていただくことにしました。

結果

BT機器があるということは認識するもののペアリングは却下されるという状況でした。
もちろんイベントの隙間を利用した短時間での確認のため、これだけで出来ないということは確定できないですが、正直どうしようと思いました(汗

次の一手

wp_ss_20150411_0003
あきらめるわけにもいかないので、1320にInsider Programでアップデートをかけて実験という形にしました。

wp_ss_20151211_0003
こちらでも認識(SS取れなかったですがキーボードHID認識のようです)はしました。

wp_ss_20151211_0004
そして、ペアリングも完了!

なら使うぞ!

UWP向けにAPIが追加されているのですが、その中に「Windows.Gaming.Input」というそのものずばりなAPIがあります。
で、APIを確認している限りではMobileに対する縛りはないようなので、「これは使える!」と実験開始

いきなりモバイルというわけにもいかないのでまずはDesktopUWPで実験、、、困ったことにWindows上では認識しているもののUWPのAPI上では存在しないというのが返ってきました。
とりあえずAPIの確認のためDevice転送でチェックしたところAPIはそのまま通りました。
機能宣言は「AllJoin」「Bluetooth」にはチェックを入れたものの、HIDに関する項目ないなこれ(汗
API条件に宣言しなければいけないようなことは記載されていないので、API自体はチェックなしでもエラーなく動きます。

さて、「Windows.Gaming.Input」ですが、内部的には「XInput」ではなかろうかと思います。
となるとMoga2では認識しないですよねこれ、、、
手持ちにXInput対応機器がないので、自分には検証しきれませんでした。

というわけで最初に書いた通りなのですが、「条件付きで可能 / ふつうは無理」が今のところの結論です。
もちろんもっと深く探っていけば可能になるんではと思ってはいます。
もう少しさっくり対応できるようになっていると「A端末とかi端末で出来るのに、WP出来ないから~」とは言われなくて済むかなーと

まあ、解放できない理由は、セキュリティーとか考えるとわからないでもないので………

というわけで、「ゲームコントローラー周りの対応状況をぼそっと公開してくれないかなー>MS様」等と書くためだけのネタ記事でした。

「Windows 10 Mobile」は良い端末ですし、まだまだこれからさらに良くなっていくことでしょう。

おまけ

さて、これだけで何なのでちょっとおまけを

WP_20151212_10_16_39_Pro
こんなのを入手したわけですよ。
ええ、ご想像の通りです…………「1320はUSB OTG非対応
何をつなごうが全く認識しません(;´Д`)

Windows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015」に参加しています。

裏ではいろいろ仕込んでるんですが、公開レベルに持っていけなくてこんな記事になりましたが、ほかの方の記事には良いものがあるので、是非一読を!

※追記(2015/12/12/21:30)

DirectInputじゃダメなの?

もちろんこうなれば「DirectInput」をラップ実装してというのは頭の片隅にあったのですが、XInputをストアアプリ荷を調べていた際に「XInput and DirectInput」というMicrosoftの公式ページを見つけましてそこに

Note Use of legacy DirectInput is not recommended, and DirectInput is not available for Windows Store apps.

レガシーでストアアプリには対応していないと書かれていました。

トリニティからWindows 10 Mobileスマホが2016年1月発売予定!

[NuAns] ニュアンス | NEO | 生活の中心に、NuAnsを。今までにない新しいデバイス、NEO。

発表会が行われて、本日(11/30)夜から予約開始とのアナウンスが行われたそうです。
価格は39,800円とのこと

  • 搭載OS:Windows 10 Mobile
  • CPU:Snapdragon 617(最新ミドルレンジ向け)
  • 画面:5inch/1280×720(HD)
  • SIM:MicroSIM SIMロックフリー
  • LTE:対応 FDD LTE 1/3/8/19/28
  • ストラップホールあり
  • NFC:あり
  • USB Type-C搭載(USB2.0)
  • continuum:無線方式で対応予定(現在MS、クアラルコムと共に確認中らしい)

U-NEXTからも販売されるとのことで、U-Mobile経由でSIMと一緒に買えるようになるかも。
また、背面パネルの多彩さも面白い端末で、日本向けとしてはNFCなども入っているので全部入り端末ともいえそうです。

MADOSMAのWindows 10 Mobile版発売日決定!

マウスコンピュータがすでにリリースしていたWindowsPhone 8.1(以下WP8.1)スマホの「MADOSMA」はOSアップデートによるWindows 10 Mobile(以下W10M)への対応は表明されていました。

今回、W10MへのアップデートスケジュールとW10M搭載版の発売日などが発表されました。

マウス、「MADOSMA」のWindows 10 Mobile搭載版を12月4日発売~既存モデルのアップグレードサービスも開始

そして、秋葉原にあるマウスコンピュータのダイレクトショップ店頭ではすでに既存MADOSMAユーザー向けにW10Mへのアップデートサービスを開始しているそうです!

端末を預けて30分ほどでアップデートが完了するようですが、端末は初期化されるのでバックアップは利用者が行っておく必要があるそうです。

アップデートの形ですが、日本最速でのW10M提供ということになりますね!

YAMADA電機からもWindows10Mobileスマホ発売!

EveryPhone | スマートフォンでWindowsを実現

  • 搭載OS:Windows 10 Mobile
  • プロセッサ:Snapdragon 410 1.2GHz
  • 画面:5.5インチ 720×1280(267dpi)
  • LTE:対応 FDD-LTE 1/3/19
  • continuum:非対応

価格は39,800円

うたい文句として「究極のハイスペック、最強スマートフォン」としていますが、実際にはミドルスペックの端末です。
メインメモリ2GB,記憶域32GB,SDカード対応なので、そこの分だけ価格が上がっているのかなと
どんどん発表されて端末の選択肢が増えるのはいいことですね

格安Windows 10 Mobileスマホ発売開始!

かねてから発表はされていたFREETELの格安Windows 10 Mobileスマホ「KATANA 01」が先行発売を開始しました!

No.1 SIMフリーキャリアのWindows 10 Mobileスマホ

価格はなんと「1万2千円」、SIMセットもあるようです。

  • 搭載OS:Windows 10 Mobile
  • 画面:4.5inch/854×480(FWVGA)
  • SIM:MicroSIM 2スロット SIMロックフリー
  • LTE:対応 FDD LTE 1/3/8/19
  • continuum:非対応

ロースペックとはいえ、普通に使う分には十分な機能を備えた格安スマホです。
OSが「Windows 10 Mobile」ですので、「Windowsストアアプリ」が使用可能ですが、デスクトップPCやノートPCで使用している所謂「Win32アプリ」は動作しませんので、デスクトップアプリが動くと思っての購入はおやめください。

さあ、第一弾が出てきました、今後ほかのメーカーからも出てくると思います。
Android、iPhone以外での第三の選択肢として伸びていくよう、自分もアプリやコードの提供をしていきたいと思います。

Microsoft Windows 10 Device Event

Microsoft Windows 10 Device Event」 が日本時間の昨夜23時から行われ、Microsoftから発表がありました。
WebCastによる情報公開がされていましたが、現在録画された発表を見ることができます。

さて、自分は昨夜リアルタイムで見ていましたが、「そう来るの!?」ということがいくつもありました。

・Windows 10 について

Win10Dev_001
・世界で1憶1千万台のWindows10
Win10Dev_002
・ストアへのアクセスが12億5千万回を超える

・XBOX OneへWindows 10
Win10Dev_003

・Microsoft HoloLens

Win10Dev_004
Win10Dev_005
・Project X RAYという仮想空間におけるゲーム
Win10Dev_006
・Developer Editionを2016年Q1に$3,000で提供(まずはUSからの模様)

・Microsoft Bandに関して

Win10Dev_007
・曲面ディスプレイ
・Coltana対応
・VO2MAX(最大酸素摂取量)対応
・高度計搭載
・$249で10/30から(日本発売は不明)

・Microsoft Lumia に関して

・Lumia 950/950XL
Win10Dev_008
・Windows 10 Mobile を搭載
・950/950XLは液冷による冷却を採用(ヒートパイプのような感じか?)

Win10Dev_009
Win10Dev_010
・高解像度で、高性能カメラ搭載、4K撮影も可能

Win10Dev_011
・Microsoft Display Dockを使用することで Continuum for Phone を利用可能

Microsoft Surface Pro4

Win10Dev_012
・12.3in 267PPI
・専用回路を搭載することでタッチの感度がよくなり、Penも1024階調に
・Windows Halo 対応カメラ搭載
・指紋認証付きTouchCoverも発売
Win10Dev_013
・PreOrderは既に開始(US)、10/26発売
・価格は$899~(Core i7/16GB/SSD 512GB だと$2,199になる模様)

Microsoft Surface Book

Win10Dev_014
・13.5in 267PPI
・Core i5/i7 、NVIDIA Geforce GPU(型番不明)搭載も可能
Win10Dev_015
・PreOrderは既に開始(US)、10/26発売
・価格は$1,499~(Core i7/16GB/SSD 512GB/GPU だと$2,699になる模様)

と、ここまでなら「まあ、ラップトップをMSが出してきたんだね」で済んだんですが、「One More Time」といって、紹介ビデオの続きが存在。

なんと、ラップトップではなく「2 in 1」、さらにSurface Penもついていて「The Ultimate Laptop」というカテゴリだと発表
ツイッターの流れる速度は速くなるしですごい反響でした。

Win10Dev_016

サティアが登壇して〆
Win10Dev_017

なお、この発表された各デバイスの日本発売は、後日発表(全部出るとは限らない)されるようです。

VS2015でUniversal Windows Platform アプリを作成する際の注意点

Visual Studio 2015でUniversal Windows Platform アプリを作成する際にWindowsの「設定」で「開発者モード」を有効にしていないとXAMLを編集する際にデザイナのExtensionが登録できないためエラーを起こします。

System.Exception
パッケージを登録できませんでした。
エラー 0x80070005: 要求を処理しているときに次のエラーが発生したため、windows.capability 拡張を登録できませんでした: アクセスが拒否されました。

このエラーですが、「開発者モード」を「有効にしていない」という形ではエラー表示されないため、非常にわかりにくいエラーです。
Windows8.1用のXAMLデザインはエラーが出ず編集可能なので混乱のもとになりそうです。

開発者向け設定

Visual Studio 2015 RTM は7/20にリリース(条件付き)

さて、最新の開発環境「Visual Studio 2015 RTM(最終リリース版)」のリリース日が2015/7/20に決定しました。

Visual Studio 2015 RTM のリリースが 7 月 20 日に決定! 記念イベントも同日開催

VS2015はクロスプラットフォーム開発への起爆剤になるかもしれません。

また「Visual Studio Code」というLinuxやMac上でVSスタイルでASP.NET5やNode.jsの開発ができるアプリもプレビューながら公開されています。

さて、タイトルに「(条件付き)」としましたが、これは「UWP(Universal Windows Platform)」用のアプリ、つまりはWindows10専用ストアアプリ開発SDKがWindows10リリース日の7/29に正規版になるためです。
このためWindows10専用ストアアプリ開発は九日間とはいえお預けになります。

もちろん、UWPアプリ以外の開発は可能ですので、「早速最新環境で開発を!」という方はぜひ導入してください。

Windows10は7月29日にOnStage

MicrosoftのWindows開発ブログで7/29にWindows10がOnStageになることが発表されました。
Hello World: Windows 10 Available on July 29

このWindows10はWindowsUpdateでの配信スケジュールのようなので、Windows10搭載のメーカーPCもというわけではないように見えます。

すべての言語に来るのか、段階を踏んで徐々に来るのか、新OSの登場ではありますので、すでにテストで使用している方もいらっしゃるとは思いますが、わくわくします。

テスト参加してた時にいくつかのフィードバックは行っていたのですが、これらの報告がどれくらい反映されていくのか、今後はUpDateでのOS配信に移行するようなので、ラピッドリリースが続くのかといったところは気になります。

アプリ開発者としては、Windows7SP1にもWindows10が提供されるということを考えるとストアアプリ実行可能環境が増え、ユーザーが多くなるというのは大変喜ばしい限りです。

さて、VS2015はRCとなっていますし、Windows10に合わせてUniversal Windows Platform用のAPIも確定するでしょう。
これで、OneStoaが可能になっていくと思うので、これからが楽しみです。