iOS用のObjectCを読み込んでUWPアプリにする「Windows Bridge for iOS」が公開

「Windows Bridge for iOS」がDeveloper Previewに

Windows Bridge for iOS こちら
iOS用のObjectCプロジェクトをVisual Studio 2015で読み込んで、Windows Universal Project(UWP)アプリにすることができる「Windows Bridge for iOS」がDeveloper Previewとして公開されました。
「Windows Bridge for iOS(WinObjC)」は「Project Island wood」と呼ばれていたBuild 2015で公開されていたものです。

WinObjC こちら
「WinObjC」はMicrosoftによるオープンソースプロジェクトでGitHubで公開されています。

iOSアプリがWindowsで動くということもですが、すぐれたiOS開発者による新規のWindowsアプリの開発も期待されます!

UWPアプリなので必要環境はWindows10+VisualStudio2015+Win10SDKになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です