デスクトップでWindowsRuntimeAPIを使う場合の忘備録

MSエヴァンジェリストのVS魂100連発から
http://www.youtube.com/watch?v=xmwTbfWKDyA

・最初の設定
デスクトップアプリのプロジェクトをいったん「プロジェクトのアンロード」を行う
アンロードしたプロジェクトを右クリックして「.csprojの編集」をクリック
「PropertyGroup」内に「TargetPlatformVersion」を追加して「8.0」とする
上書き保存したらプロジェクトを再読み込みする
「参照設定」から「参照の追加」をクリックすると左側に「Windows」が増えているのでコアから「Windows」を追加
「ブラウズ」から「参照」で「\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETCore\v4.5」から「System.Runtime.dll」を追加する。
「using Windows.Foundation;」を追加する。
「System.Runtime.dll」は.NETのCollectionとRTのCollectionに互換性がないため、その互換変換のために必要になる。

・async/awaitの非同期に対応する
「参照設定」から「参照の追加」をクリック
「ブラウズ」から「参照」で「\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETCore\v4.5」から「System.Runtime.WindowsRuntime.dll」「System.Threading.Tasks.dll」の二つを追加
これを追加することで「async/await」が使用可能になる。
使わない場合「IAsyncOperation」をもとに書くようにする。

今更ながらの忘備録、これでストアアプリ管理ツールの作成などにもWindowsRuntimeAPIを使える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください