VS2015でUniversal Windows Platform アプリを作成する際の注意点

Visual Studio 2015でUniversal Windows Platform アプリを作成する際にWindowsの「設定」で「開発者モード」を有効にしていないとXAMLを編集する際にデザイナのExtensionが登録できないためエラーを起こします。

System.Exception
パッケージを登録できませんでした。
エラー 0x80070005: 要求を処理しているときに次のエラーが発生したため、windows.capability 拡張を登録できませんでした: アクセスが拒否されました。

このエラーですが、「開発者モード」を「有効にしていない」という形ではエラー表示されないため、非常にわかりにくいエラーです。
Windows8.1用のXAMLデザインはエラーが出ず編集可能なので混乱のもとになりそうです。

開発者向け設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です