Windows10は7月29日にOnStage

MicrosoftのWindows開発ブログで7/29にWindows10がOnStageになることが発表されました。
Hello World: Windows 10 Available on July 29

このWindows10はWindowsUpdateでの配信スケジュールのようなので、Windows10搭載のメーカーPCもというわけではないように見えます。

すべての言語に来るのか、段階を踏んで徐々に来るのか、新OSの登場ではありますので、すでにテストで使用している方もいらっしゃるとは思いますが、わくわくします。

テスト参加してた時にいくつかのフィードバックは行っていたのですが、これらの報告がどれくらい反映されていくのか、今後はUpDateでのOS配信に移行するようなので、ラピッドリリースが続くのかといったところは気になります。

アプリ開発者としては、Windows7SP1にもWindows10が提供されるということを考えるとストアアプリ実行可能環境が増え、ユーザーが多くなるというのは大変喜ばしい限りです。

さて、VS2015はRCとなっていますし、Windows10に合わせてUniversal Windows Platform用のAPIも確定するでしょう。
これで、OneStoaが可能になっていくと思うので、これからが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください