MWCでWindowsPhone日本発売の光明が増えました

Mobile World Congress(MWC) 2015でfreetelと京セラの端末が公開

マウスコンピュータに続いて国内メーカーから発表がありました。

freetelブランドの端末はMWC前にプレスリリースが行われました。
最新 Windows Phone OS 搭載スマートフォン、 2015 年夏までに国内発売予定のお知らせ
なんと夏までに出すという表明です。
freetelは日本向けのSIMフリー端末販売会社なので、日本向け端末が確定したことになります。

京セラはプロトタイプとして高耐久端末にWindowsPhone8.1を搭載したようです。
engadgetさんのレポート記事がありました。
京セラがWindows Phone 8.1スマホをMWC出展。『Windows Phoneは高耐久と親和性が高い』
元々のAndroid端末にWP8.1を搭載しましたという段階のようで、端末のボタンがAndroidのままですね

AcerからWindows10 for Phones対応確約端末が発表(日本発売未定)

PC watchさんにAcer社がWP8.1端末が出すとの記事が出ました。
Acer、79ユーロでWindows 10へのアップグレードを保証したスマホ
端末としては欧州向けローエンドですが、Acer社は日本向けにAndroid端末をブックオフ経由で発売していることを考えると、もしかして選択肢が増えるということかなと思いたいところです。

Microsoftからは新端末(日本発売未定)

MWCではMicrosoftからLumia640/640XLが発表されました。
端末としてはミドルレンジの端末になるようです。
追加の特徴としては「Office 365サブスクリプション1年分」と「OneDrive 1GB 1年分」が標準でサポートされ散ることでしょうか。

開発者に向けて

それぞれの端末はWindowsPhone8.1ではありますが、Windows 10 for Phonesが視野に入っているようで、時期が来ればOS更新が降ってくることになると思います。
Windows 10 からはさらにデスク/ノートOSとモバイルOSの融合が進みます。
A社やG社のOSに比べても使用率の大きなWindowsというデスク/ノート向けOSと連携するには非常に心強い環境が整ってきます。

もちろんデスク/ノート向けがそのまま動くということはないですが、いわゆるWindowsストアアプリであれば、ユニバーサルアプリとして、モバイルにもゲームコンソールにも展開可能になり強い連携を生み出すことができる基盤が、クラウド(Azure)も含んでOneSolution/OneStoaが実現してきます。

VisualStudioによるストアアプリ、マルチデバイス開発はC/C++/C#/HTML5(JavaScript)/F#等で可能になってきていますし、UnityやUnreal Engineなどによるマルチデバイス開発もできます。

開発の親和性も非常に高い環境ですので、ぜひ開発者の皆さんには飛び込んできてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です