VisualStudio2015PreviewでXamarin.Androidを作業するために

VisualStudio 2015 のインストールは少々変更が図られています。
本体のインストールの後に、SecondaryInstallerが立ち上がり、追加機能のインストールを行う形になっています。
セカンダリインストーラー

セカンダリインストーラー2

セカンダリインストーラー3

この中で注目したいのは「Microsoft Visual Studio Emulator for Android」です。
このEmulatorはHyper-Vへx86ベースのAndroid4.4が搭載されたもので、WindowsPhone8.1Emulatorと同じように加速度のテストなどもEmulator上で可能になりますし、Hyper-Vベースなので、今までのVirtualBoxベースのエミュでは毎回Hyper-VのON/OFF切り替えをしなければならかったことから解放されます。

VisualStudio 2015 Preview をインストールしたあとAndroidアプリの作成を行うと、Xamarinのダウンロードを促す画面が表示されます。

Xamarin01

さて、すでにXamarinをインストール済みの方も多いと思うのですが、この画面のリンクから表示されるホームページに掲載されているXamarinは「XamarinInstaller-VS2015」という専用のXamarinが用意されています。
すでにインストールして最新のXamarinにしている場合は、一度アンインストールしてから「XamarinInstaller-VS2015」をインストールする必要があります。
また、インストール後にXamarinのアップデートを行えますが、アップデートしてしまうとVS2015対応が削除されてしまうそうなので、アップデートは避けましょう。

さて、早速テストしようと思いブランクを作成してコンパイルを行うと「”MergeApkRecipelists” task was not given a value for the required parameter “RecipeFiles”」が発生してコンパイルが行えません。

エクセルソフトの田淵さんもBlogで同じ現象が起きていることを書かれていたのですが、田淵さんからツイッターでコメント欄に回避方法が乗っていますと教えていただき、試したところ無事ビルドしてNexus7に転送して起動することまでは確認できました。

手順としては、ソリューションへプロジェクトの追加で「Visual C++>Cross Platform」で「Dynamic Shared Library (Android)」を追加します。
追加したプロジェクトを、メインのAndoroidプロジェクトから参照します。

Xamarin02

次に「C:\Program Files (x86)\MSBuild\Xamarin\Android」にある「Xamarin.Android.Common.After.targets」を書き換えて、「Import Project」をコメントアウトしておきます。

<Project DefaultTargets="Build" xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">
<!--
    <Import Project="$(MSBuildThisFileDirectory)\Xamarin.Android.Common\ImportAfter\*"
            Condition="Exists('$(MSBuildThisFileDirectory)\Xamarin.Android.Common\ImportAfter')"/>
-->
</Project>

AndroidのBuild設定ですが「Dynamic Shared Library (Android)」が「API Lebel 19」を指定されているので、メインプロジェクトの設定も「API Lebel 19」に設定する必要があります。

これでとりあえずビルドが通り、実行可能にはなります。

さて、自分の一番の目的は「Microsoft Visual Studio Emulator for Android」だったのですが、「Emulator start error: VS Emulator Android Phone」とだけ表示され、起動させることができていません。

まずは入口に立ったというだけですが、もう少し探ろうと思います。

※追記

 増田さんのBlogに書かれていたのですが、Xamarin.Formsを使用する場合は上記の設定をわざわざしなくてもBuild可能とのことです。
 「Microsoft Visual Studio Emulator for Android」を起動可能な方法を記載されていますが、やはり茨の道で、まだまだこれからのようです。
 自分がいろいろ試していたところ、やりすぎて開発環境のVS2013が不調になったため、VS2015Preをアンインストールして、VS2013Up4を修復インストールすることで、無事元の状態に戻せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です