Windopws Phone SilverLight 8.1 アプリをuniversal Appとして申請する場合のメモ

Windows8.1ストアアプリ側でInkManagerなどを使用したアプリを作成していた場合、WindopwsPhone SilverLight 8.1(以下WPSL8.1)で、アプリを作成しなければならなくなります。

このWPSL8.1アプリをユニバーサルアプリとして連携させる場合、ひと手間かかります。

sys000

上記のように同じソリューション内にWPSL8.1用のプロジェクトを作成するのが一般的だと思います。

作成はそのまま進めることで問題ないですが、そのままではアプリ登録時の検証でエラーが発生します。

sys001

WPSL8.1用の「Package.appxmanifest」をダブルクリックすると上記のように表示されるので、「パッケージ名」を登録済みWindowsストアアプリの「Package.appxmanifest」からコピーします。

次にWPSL8.1用「Package.appxmanifest」を右クリックし、「ファイルを開くアプリケーションを選択」>「ソースコード(テキスト)エディター」を選択して、XMLをテキストとして開きます。

sys002

「Identity」にある「Publisher=”CN=~”」をWindowsストアアプリの「Package.appxmanifest」、発行者に書かれている「CN=~」をコピーしてペーストします。

これらの書き換えはWindowsストアアプリが登録済みでなければできないので、WPSL8.1アプリを先行させている場合は、更新時に連携設定と書き換えを行う形になります。

WinRTベースのユニバーサルアプリを作成する場合は共有となり「Publisher=”CN=~”」の書き換えなどは必要ないので迷わず行えます。

今回はWPSL8.1アプリで説明しましたが、universal連携そのものはWP7.5/8アプリでも可能なようです。
おそらく同じような方法で連携設定を行うことになるのではないかと思いますが、自分は環境をWP8.1に移行していますので、検証できていないことをご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください