Action<in T>のメモ

Action<in T>はdelegateで単一パラメーターの戻り値を持たないカプセルメソッド

public class Hoge : IDisposable
{
        Action<string> _hogehoge;

        public Hoge(Action<string> HOGEHOGE= null)
        {
                _hogehoge = HOGEHOGE;
        }

        void HogeHoge(string message)
        {
            if (_hogehoge != null)
            {
                _hogehoge(message);
            }
        }
}

上記のように宣言しておく

public class Main
{
        Hoge HOGE;

        protected override void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e)
        {
            base.OnNavigatedTo(e);

            HOGE= new Hoge(async (m) => await Dispatcher.RunIdleAsync((o) => Statustext.Text = m));
        }
}

こんな感じで宣言しておけば、class HogeでHogeHogeにテキストを投げて表示Pageに表示することができます。

Dispatcher.RunIdleAsyncなので、コントロールに限らず定義可能なので使い道は多いと思う。

今回はクラス内のStatusを追いかけるのにstringを宣言してますけど、<T>なので他も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.