WindowsPhone8.1 Developer Preview 開始

WindowsPhone8.1 Developer Previewが開始され、Developer登録をしている端末のアップデートが開始されたようです。

Developer Previewとなっているように、開発者向けのベータプログラムというべきもので、完全自己責任、文鎮化しても文句言わない、バグや機能の制限がまだあるかもというあくまでも現在開発している人に向けたものです。

・「Cortana」は所謂A社が搭載してるあれのMS的なAI機能も搭載版ですが、米国限定でのプレビュー版です。
・「タイルが透過」するようになって、メイン画面で配置した写真が透過(タイルによる)して見えるようになりました。
・「タイル数が増加」は高解像度機だけで可能だった6タイル配置がWVGAでも可能になったものです。
設定 6タイル
・「通知センター(Action Center)」は、画面上部からスライドすると設定などがここで行えます。
・「Wordflow」はUSキーボードで有効になる新しい入力方法です。
  ちょっと慣れは必要になりそうな気はしますが、慣れると高速入力が可能になりそうです。
・「VPN対応」読んで字のごとくですね、企業でも活用しやすくなるでしょう。
・「ブラウザがIE11」WindowsPhone8.1向けにはなっているもののIE11エンジンになり、操作方法が少々変更になっています。
 FlashやUnityWebPlayerは動きません。
・「Windows Runtime との互換性向上」はWindowsストアアプリとの互換性が向上し、universal Appsという仕組みが導入され、相互作用させやすくなりました。
・「言語設定の拡張」で必要な言語はDLしてインストールする方向になり、Windowsのコントロールパネルにある「言語設定」と同じような操作方法も含んで同じ感じです。

とりあえずこんなところで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.