DirectX12(Direct3D12)がGDC2014で発表

DirectX11から5年ぶりのメジャーアップデート、DirectX12(Direct3D12)がGDC2014で正式に発表されました。(【GDC 2014】米MS、DirectX 12を発表。より“ダイレクト”な3D APIへ進化)

正式なリリースはまだ先ですが、今のところDirectX11GPU、ATI GCN、nVidia Fermi 、Intel Haswell以降、であればDirectX12も(ドライバ対応されれば)可能なようです。

Mobile分野ではQualcommがサポート表明しているようです。

今後さらにDirectX12に最適化された新GPUが発表されるのではないかと思います。

何が変わったかというところでは、Direct3Dのスレッド制御がよくなり、偏っていたスレッドが分散最適化、平準化され、これにより全体的に早くなっているようです。

MSDN Blogs > DirectX Developer Blog > DirectX 12 」に参考となる情報があり、「3DMark – Multi-thread scaling + 50% better CPU utilization」のところに比較が乗っています。

もちろんDirectX11ベースの物がDirectX12を入れて早くなるということではなく、DirectX12のAPIベースに移行(最適化)することで、各種オーバーヘッドの低減などの恩恵があり、早くなるということです。

なおリリース予定は、2015年のホリデーシーズンとのことですので、Windows8/8.1以降のOS対応ではないかと思いますが、Windows7も含まれるのかな?

現在DirectX12開発者先行アクセスが募集されていますので、興味のある方は申請してみてはどうでしょうか?
とはいえ、正規リリースが一年以上先なわけで、研究にしか使用できないのと、おそらくNDAによる公開制限がかかると思われますので、現状のDirectX11の習得が先かなともおもいます。

MantleなどのDirect3D対抗技術が出てきていますが、これまでのDirectX技術を利用して早くなるのであれば、それに越したことはないわけで、今後の公開が待たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください