MSP (Microsoft Student Partners) 制度に関して

自分はMicrosoft® MVP Client Developmentという肩書をいただけておりますが、これはMSに関する物の有用な事や技術を記事にする、公演を行うなど、いろいろアピールすることで審査のうえで個人の方にMVPの肩書やMSDNの使用権をいただける制度となっています。

MVPは色々な種類というかMSの製品ごとに細かく分類されていますので、自分のようにClient DevelopmentだったりC#、office、Azure、server等々多数の方がMVPとしてご活躍されています。

さて、MVP以外にも題名にしているようにMSP (Microsoft Student Partners) という学生向けのパートナープログラムがあります。

このプログラムはMVPとは少々違う性格のものですが、マイクロソフトの製品や技術の素晴らしさを、多くの学生に伝えていくことのできる学生をという基本方針の元、人材の育成を目指した制度となっています。

MSの方がメンターとしてサポートにつき、様々な試みが行われているようです。

詳しくは「Microsoft Student Partners – 教育機関の皆様へ」を確認してみてください。

もちろんMVPを直接目指すということもありですが、MSPとしてMS社員から直接教えを乞うことができる機会でもありますので、興味のある学生は応募してみてはいかがでしょうか?

MVPに関しては「マイクロソフト MVP アワード プログラムとは」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください