8から8.1へのストアアプリコンバート時の注意点メモ

Windows8ストアアプリからWindows8.1ストアアプリへコンバートして行う場合、ユーザーコントロールの扱いに注意が必要な模様

自分が起きた現象としては、ユーザーコントロールを別プロジェクト(ソリューションは同一)に逃がしていたアプリを8.1用に移植しながら作業していたところ、Debug、Releaseともに問題なく動作していましたが、ストアアプリをパッケージ化して、WACKでの検証際見ていたところ、ユーザーコントロールが動作していませんでした。

困ったことにWACKではタイトルのみが動作検証で表示されるところなため、もし内部だけだった場合まったく気が付かず治すことができなかったと思われます。

この現象の回避は、プロジェクトを分けずに、メインのプロジェクトでユーザーコントロールを再度新規に作成して動かすことでWACKで見える範囲では問題ないことを確認したので、この状態で再申請しています。

これのいやらしいところは、パッケージ化していない限り顕在化してこないことです。
もしかしたら初めから8.1用で作成していた場合は起きない可能性もありますが、今回は8用を移植コンバートしたため、そこまでの確認はしていませんので、今後の開発の際に確認してみようかなと思いますが、ちょっと手間ですねこれ。

もし同じような構成で8.1にコンバートされている方は注意してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.