VS2013でストアアプリデバッグが少し変わった ※間違いがありました

山本康彦@BluewaterSoftさんからお教えいただいたのですが、「中断」「再開」「中断とシャットダウン」はVS2012からあり、デフォルトでは表示されていなかっただけだそうです。
アプリの終了方法ですが、「Win8.1では、下の方へドラッグしたら左右に振ってタイルを反転させる」を行わないと「スタートボタンを押した状態(中断)」になるそうです。
お教えいただきありがとうございます。

VS2012でストアアプリ(Windows8)をデバッグする際に、デバッグ中のアプリを通常通りの操作でドラッグして終了した場合、そのまま終了しデバッグも解除されました。

VS2013(Windows8.1)では現在のところこれで終了せずデバッグが実行中のままになります。
WindowsPhoneのデバッグのようにプロセス管理が握っており、「中断」「再開」「中断とシャットダウン」という項目が増えて、再開を追いやすくなっています。

これはかなりありがたい変更で、再開時の挙動を追うのがVS2012時は予測に頼る感じでしたが、WPのように再開時のトラブルを確認できるようになりました。

とはいえ、WPほど完全な終了処理からの復帰という感じではないため、プロセスが裏では終了している場合、再開はできないです。

デバッグを終了する場合は「中断とシャットダウン」を選択、または「デバッグの停止」でデバッグを抜けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.