.NET Conf 2018 Tokyo 参加してきました

10/13 .NET Conf 2018 Tokyo 参加しに会場の日本MSいったわけですが、久しぶりだなw
メモをほぼそのまま書きなぐり

キーノート

・チャックさん(井上 章)
 SignalRマネージド を使用したクイズ
 DotNetはWindowsだけだったのがあらゆる場所に使えるように
 2002に.net fw 1.0

 いまロゴはMSが直接は出していない
.Net Core によるMS的eShopのreferenceがある
https://github.com/dotnet-architecture/eShopOnContainers

.net core 2.1
EF Core
ASP.NET Core
IoT Device

dotnet core 2.2 Preview

SignalR Service

Blazor
https://blazor.net

WebAssemble実装

Razor Components(“Server-Side Blazor)
 クライアントではなくサーバ側(SignalR)でBlazor

.net core 3.0 ロードマップ

ML & .NET
aZUURE CognetiveService

ML.NET 0.6 Preview

クラウドへのアプリ展開は
docker container単位になるんではないか?

VSからは拡張機能を入れておけば、GUIで追加して、サクッといける

ServerLess Functions

—————————————–

Azure CLI と便利な仲間たち

大平さん @dz_

Microsoft Opennes

Linux On Windows

WSL

WsLinux

Linux On Azure

Linuxインスタンス数が50%超えた

OINにMSが加入、60万件のLinux関連特許を提供

MSがGitHubにAzure関連リポジトリを1000近く

MS版ハックオクトーバーフェストやってます

Azure CLI
 いいところ
 ・手順書作りやすい
 ・情報を取得しやすい

Microsoft Leam
学習サイトで学びながらが良い

—————————————–

継続的にテスト可能な設計を考える

中村 充志 リコーJapan
https://github.com/nuitsjp/Continuous-Testable-Design
https://www.slideshare.net/AtsushiNakamura4/ss-119275254

インターフェイスの抽出

IFは依存させたい側の文脈で書く

おんなじアクターが使うビジネスロジックをまとめる
違うなら分ける

アブストラクタをIFの代わりに使う手もある

—————————————–

激論 ASP.NET / ASP.NET Core

井上さん & しばやんさん

.Net Core 2.2について

IIS In-Process Hostingでパフォーマンスが上がる

Tiered Compilation
JITコンパイラ
岩永さんが書いてる

2018年末予定

.Net Standard 2.1
span/Memoryがやっと来る

Brotli/SIMD/System.IO.Emurationも追加

releaseスケジュールは不明
Core2.2と同時だと思うけど、、、

ASP.NET Core
2.2は比較的小規模release
 API/Server/SignalR

APIControllerの挙動が改善 / HTTP REPL CLI(dotNet global tll)

KestrelとHttpclientがHTTP/2対応
 HttpClientFactoryを使うようにする

SignalRのC++/Javaクライアントがrelease

EF Core
2.1でLazyLoadingに対応
 LINQでGroupByにちゃんとSQLに変換してくれる

 2.2は小さなrelease
  CosmosDB provider が入るかも < 沼っぽい、使わないほうが良いと思う

3.0ではC#8対応を頑張ってるらしい
 IAsynccEnumerableとかユースケースが思いつかないけど

Blazor/Razor Components
WebAssembleどう活用する?
最新バージョンはプレビュー
Razor Componentsは.NetCore 3.0と同時にリリース予定

.Net Core 3.0 / .Net FW 4.8予定
WPF/WinForが。NetCore3.0で動作

.Net FW4.8自体はほぼ新機能無し

VS2019 / C#8

2017は15.9が最終リリース

C#8も同時リリースか?
 Nulltable reference typesを使いたい

CONECTは多分やるはず

Azure Functions V2
Core2.1ではまだかけない Std2.0で、今修正中だが、SDKは対応したのでもうちょいじゃなかろうか

SignalR サービス

Azure Pipelines
WindowsのCI SaaSは貴重

—————————————–

ブロックチェーンチョットデキル人が Kubernetesを完全に理解した!

竹井 悠人 株式会社bitFlyer

51%攻撃の実現方法
 実際にはブロックチェーンの考え方に関する説明
 クラウド使ったコンテナによる攻撃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください