UWPによる業務アプリを考える

忙しさと書けない事柄ばかり増えてて間が空いてしまったので、ちと気分転換に

・業務アプリでよくある環境
 ・Windows7以下
 ・CLIコンソール(サーバ直)

・次世代は?
 ・Windows10
 ・Android
 ・iOS
 ・Web(HTML5)

・業務アプリ is 問題?
 ・社内システムのフロントエンドだけであることが多い
 ・オンプレ前提となっていることが多い
 ・古いコードがそのまま
 ・同じような機能が複数アプリになっていて連携しない
 ・Windows7のサポート期間終了が目前
 ・最新OSへの対応が不明
 ・インターネット対応が不十分
 ・クラウド非対応

・どうする?
 ・クライアントの更新を考える
 ・64Bit対応
・クラウド環境への対応
・そもそもデスクトップアプリとするべきなのか

・いきなり全部は無理!
 ・どこから手を付ける?
 ・コロンブスの卵問題が発生するのですが、システム間連携が今どうなっているかを確認し、切り分けを行うところからがスタートでしょうか。
 ・フロントのOSはどうする?
  業務ごとに変えていいと思いますが、社内はWindows10でいいと思います。
  外回りのシステムは、AndroidでもiOSでもWindows10でも持ち出して操作できればいいですね。
  まあ、DaaSへ接続さえできればいいなら、何でもいいんですけどね

Windows10ならUWPで作成して、企業向けMicrosoftStoreで配布が楽でいいかな。

今今のUWPならdotNetStandardでSQLクライアントの対応やLDAPも「Novell.Directory.Ldap.NETStandard 」で可能になったようです。

OracleDBはRestAPIを経由するか「Oracle.ManagedDataAccess.Core」を出しているので対応できるかなと。
※検索だとベータが引っかかるけど、ベータじゃなくなってますね「Latest News: .NET Development with Oracle Database

UWPならオンプレミスでもクラウドでも対応できるので、業務アプリとしてはUWPに寄せていって問題ないと思います。
もう一つ利点もあって、XamarinでAndroidとiOS対応時にコード使いまわせます。

ま、今回はこんなところで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください