HP ELITE x3 DESK DOCK 導入

HP ELITE x3 DESK DOCK

 

HP ELITE x3を有線Continuumしたり、有線LAN接続するのに使う公式ドックです。

中はこんな感じで、付属品のカバーは、本体にカバーを付けている場合用や、ケーブル接続する用など、4種類はいっています。

以前投稿した「HP Elite x3で有線Continuum」で使用した機器は、他社のUSB3-HDMI HUBで、記事で書いたようにつないだままの充電や、解像度が正常に出ないという難点がありました。

今回の「HP ELITE x3 DESK DOCK」を使用すると、充電しながら有線Continuumが可能など、さすがに公式アイテムです。


(Amazonリンク張ってますが、HP日本の公式通販で買ったほうがいいです)

さて、称賛しておりますが、まったく難点がないわけではなく、有線Continuum接続のディスプレイ接続が何故に「Display Port」なのかは問い詰めたいところです。
まあ、HDMIが優勢な情勢でも時期的にDisplay Portなら4Kも対応済みとかビジネス用途且つロイヤリティ辺りが絡んでるんだろうかとは考えてしまいますが、しょうがないので「変換ケーブル」を使用してつないでいます。

最初につないだ時にはつながらず相性かと思ったのですが、Twitterでも助言があったのですが、先にHDMI側に接続した状態で、HP ELITE x3を接続するとうまくいきました。
また、接続の際は端末のロックを解除して接続したほうが良いです。

フルHDで快適に使用できますし、DESK DOCK にはUSB-Aポートが2基、USB-Cポートが1基あり、接続端子が豊富です。
また、LANポートを備えており、HP ELITE x3を有線LAN環境へ接続可能です。
(有線LAN周りは別途記事で)

さすがに持ち運びという点では重量的にも取り回し的にも少々不便なので、外出時には無線Continuum環境をそろえることを推奨します。

こちらは動作確認が豊富な「Microsoft Wireless Display Adapter」がよいと思われます。


このデバイスはMiracast Deviceでもあるので、Android端末から画面を飛ばすなどもできるので、便利ではないかと思います。

まずは導入まで

「HP ELITE x3 DESK DOCK 導入」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です