de:code 2017 所感

Alex氏をはじめとしたMS本社の皆さん、日本MSの皆さん、スピーカーとして登壇された皆さん、そして、参加者の皆さんお疲れ様でした。

今年はde:codeに久しぶりに参加できた事もあり、わくわくしながら参加できました。

有償イベントという事で、なかなか参加しにくいという方々もいらっしゃるかもしれませんが、これからどういった技術の方向性に向かっていこうとしているのか、普段お話しする機会の少ないMSの方や、他社技術者の皆さんとお会いし、忌憚のない意見交換をすることもできることを考えれば、ぜひ参加してほしいと思います。

全体的に個人的にはもう少し技術よりでもいいかなという気がしましたが、そうなると一コマ当たりの時間が足りないのが余計に気にかかることになるかもしれません。

詰め込みになるのは仕方がないのですが、一コマを70分にして、大幅に混雑が予測されるセッションを2~3部屋つなげた形にし、3日間位に期間を取っていただけると、もう少しセッションの内容の濃さや、受講者の余裕につながるのではないかなと思います。

また、現在の会場ではどうしても導線の問題もあり、もう少し広い会場にできればとも思いますが、東京近郊ではなかなか難しいのかもしれません。

さて、HoloLensをはじめとしたAR/VR/MR技術、IoTを広げるためにCloud、セキュリティ確保、UWPを基本としたAll Windows Device One Core 、マルチデバイス等非常に速い速度で、新しいことがいっぱい出てきますが、基本を押さえて学びを続けて行くしかないなと実感する二日間でした。

そして、自分はUWPアプリでちょっとひねったことを考えていこうと思います。

UWPとWindows 10 Mobileはいいぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です