Microsoft Store Services SDK

「Microsoft Store Engagement And Monetization SDK」のバージョンが上がり、名称も変更され「Microsoft Store Services SDK」となりました。

このバージョンからWindows8.1/WindowsPhone8.1のコードが分離され、「Microsoft Advertising SDK for Windows and Windows Phone 8.x.」となりました。

分離されただけではなく「AdMediator libraries」がUWPからなくなり、利用できなくなっています。
Windows8.1/WindowsPhone8.1のほうには残っていますので、利用可能です。

さて、このバージョンを入れた場合旧バージョンを入れることができなくなりますので、旧バージョンをご使用の方は準備が整うまでご使用を控えられてもいいと思います。

UWPでの使用ですが、今後NuGetに出るかもしれませんが、現在は「Migrate from AdMediatorControl to AdControl for UWP apps」に書かれている方法で、実装する必要があります。

少々手間がかかるようにはなりましたが、広告を掲載するアプリを作成する際には必要と思われますので、是非一読をお勧めします。

Microsoft Store Services SDK」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: MS Advertising SDK 更新を急ごうCryEarth | CryEarth

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です