#Surface チャレンジモニター で借りた機体で開発してみた

壁紙だけとなると何なので、開発系な自分としては当然のように #VisualStudio で #UWP アプリの開発を試すわけでして

・まずはインストール!
WP_20160519_13_00_45_Pro

・インストール後のアカウント認証でHiDPI非対応なのかずれが、、、
WP_20160519_13_30_14_Pro

・開発中だったネタをVisual Studio Team Servicesで引っ張ってきてこつこつ
WP_20160521_20_18_38_Pro
Windows 10 Mobile Emulatorもきちんと動いています。

重い3Dの開発ということでなければ、UWPでもAndroidでもXamarinでも遠隔開発でもなんでも行けると思います。

ただし、デスクトップと違って内臓SSDが256GBまたは512GB(今回お借りした機体は256GB)ですので、あまりアプリケーションを大量に入れたり、大きなデータを中に持つという開発には少々向きません。

MicroSDカードスロットはありますので、128GBなどの大容量SDカードを使用することで、データ領域は増やせるとは思いますが、あまり頻繁な書き換えには速度的にも向きませんので、NAS を用意するなど工夫は必要でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です