Azure Functions v2で躓いた話

Azure Functions v2の作成でいろいろトラブったので、そのネタを

普通に構築している環境なら問題ない話ではあります
ただ、ちょいと色々実験してたところでやってたもんで、おかしな現象に遭いました

まずコンパイラで正常に通らない現象に出会いました
しばやんさんの記事を読んで、最新SDKでひゃっほーしようとしたところ、どうにもエラーが出て、「.NET Conf 2018 Tokyo」で相談して、リコンパイルで通るということだったのですがどうにもなりませんでした。
※その節はお手数かけました

いろいろ調べて、「%userprofile%\.nuget\packages\microsoft.net.sdk.functions\」を削除で回避できました。
MSB4063/4062エラーだった場合これで回避できるようです。

さらに最新盤でついにTemplateもdotNETCore2.1対応したとのことで、更新して、選択画面上は「dotNet Core」となっているのですが、
作成すると、そのままStandard 2.0 で作成され、正常にコンパイルも通らなかったのです。

この場合、「%userprofile%\.templateengine\vs-2017.3」にある「15.8.xxxx.xxxx-xxxxxxx-AzureFunctions-Azure Functions v2 xxxxxxxxx」を、念のため移動させて、VisualStudio2017を立ち上げて、テンプレートを最新に更新すると、無事正常に作成されて、コンパイルもローカルデバッグも無事行えました。

というわけで、あほなことやってた自分の責任というネタでしたww