Wildfly on Azure WebApps(Windows)

Wildfly をWebApps(Windows)に乗せてみた

他にも行っている方がいるのですが、うまいこといかなくて、成功している方などの情報から構築成功したので、書いておきます。

環境

  • WebApps for Windows
    • Java バージョン:8
    • Javaマイナーバージョン:新しい順
    • Java webコンテナ:新しい順 Tomcat 9.0

手順

・Kudo画面を開く
・\site\wwwroot\へ移動する
・CMDから以下のコマンドを実行する

・「Web.config」を追加し、下記の内容とします。
・やっていることとしては、「PORT」の指定、タイムアウトを伸ばして動作安定までのラグを確保、「HOME」の指定となります。

・アクセス直後は、起動にはかなり時間がかかりますので、必要であれば、WebAppsを上位契約とし、常時接続をONにしてください。

これでなにすんの?

・AAD認証などAzureサービスでのPaaS、SaaSをいろいろ組み合わせやすくなる
・サービス展開がやりやすくなる
・オンプレに乗っているJavaAPIサービスをAzureのPaaS化すればUWPからいじりやすいよな(ぉぃ
ええ、色々よこしまな思惑やら仕事がらみもあったわけですが、ネタ的にはこんな感じですかね

ASP.Net Core 2.1.1 明示的バージョン指定

しばやんさんが書いた「ASP.NET Core 2.1 の暗黙的なバージョンには注意」で、んじゃちと回避策を試そうとやってみました

結果としては、確かに明示的にバージョン指定すればおとなしくなるなですねw

標準

明示的2.1.0

明示的2.1.1

というわけで、今後はKudoでAzure上のバージョン確認しつつ、ここがVisualStudioの更新で治るかを期待でしょうか。
まあ、その前にVS2017で.NetCore2.1標準で選択肢に出てこないんですけどね、、、
※.NetCore2.1SDKをインストールしていれば出ます