de:code 2018 所感

de:code 2018

5/22、23に行われた de:code 2018 へ参加してきました。

今回「Microsoft MVP パーソナルスポンサー」としてサンプルコードを提供いたしました。
なので、ページに写真乗ってたりしますw

しかも、キーノートのスポンサー紹介のところにも出ることになるとは(;’∀’)

さて、提供路行ったサンプルコードは「UWPからAzureサービス利用 ~今更ながらのUWPアプリ構築からのネタアプリ」にありますので、ご参照ください。

・キーノート

発表者が最後平野社長登場まで、すべて女性という、Woman in Technologyをキーノートから進めていました。

・各セッション

知りたい技術のセッションはできるだけ回ったんですが、やはりいろいろ時間が被って、泣く泣く選択していく状態でした。
混雑具合とか考えると開催を3日間にして、同時間セッション数を減らして、部屋の広さを確保できないかなと思いつつ、色々難しいだろうなと、、、

よかったこと

今仕事でやっている部分でどうしてももやもやしていたところを解消できて、次にどうやって行くかを考えるきっかけになったのは、de:code来ないとわからん部分だったなと

残念だったこと

澤さんのセッションどうやっても聞けないスケジュールで、泣く泣く諦めました orz

・全体

Build、de:code通して、大幅な新規技術がというよりは、PreviewがGAになったり、サービスブラッシュアップ、採用事例をどんどん出せる状況
今はCloudであることが普通であって、オンプレはオンプレで後方にいるのはしょうがないが、フロントや各サービスをクラウドへの移行が進んでいるなと思いつつも、日本のITはもっと切実にクラウドや古いオンプレをどうするのかをもっと考えていかないといけないなと思いました。

・今後

今年はGAするサービスも増えるでしょうし、マネージドサービスも増えてくることでしょう。
クラウドとオンプレが並行稼働はしばらく続くでしょうし、全部が全部クラウドというわけにはいかないでしょう。
クラウド、オンプレ全体としてサービス監視や運用をどうするかはまだまだ考えることは多そうです。