MS Advertising SDK 更新を急ごう

最新の Microsoft Advertising ライブラリを使用するようにアプリを更新する

Windowsストアアプリで広告掲載のために「Advertising SDK」を使用しているアプリがある場合、2017年1月以降最新SDK以外は広告配信が停止するそうです。

UWPでは「Microsoft Store Services SDK」、8.0/8.1では「Microsoft Advertising SDK for Windows and Windows Phone 8.x」が最新SDKになります。

また、UWPでは以前記事で書きましたが、「AdMediatorControl」が使用できなくなっており、そのための対処方法も公開されています。

ただ、ストアの審査が年末年始はホリデーシーズンのため遅くなります。
とはいえ、アプリの使用が出来なくなるという事ではないので、年末年始のお休みを利用して更新してみてはいかがでしょうか?

Windows 10 Mobileで色々繋いでみる

この記事はWindows 10 Mobile / Windows Phone Advent Calendar 2016 10日目の記事です。

Windows 10 Mobile で GamePad

さて、最初はGamePadです。
Windows 10 Mobile アプリを開発する際に外部入力機器を使用したいという時があります。
入力機器を制御するUWP用APIとしては、Windows.Gaming.Input または Windows.UI.Core.CoreWindow を使用することとなります。
Windows.Gaming.Input
Windows.Gaming.Inputは内部的にはDirectXに含まれるAPI、XInputをラップしたUWP用APIです。
XInputに対応したGamePadであれば使えるのですが、困ったことに一般的に販売されているモバイル向けGamePadは非対応なため、USB HID 機器として個別に機器IDをアプリ内に登録して、Windows.UI.Core.CoreWindow でキーボード等のように個別にコードを搭載することになります。
モバイル向けでなければUSB接続でXInput対応のGamePadはあるのですが、せっかくContinuum機能もあり、大きな画面に出しながらプレイするならBluetooth接続で使いたいところ。
Bluetooth接続での利点はもう一つあって、最新のW10M端末であればUSB OTG(USB機器どうしを直接接続する規格)に対応していますが、対応していないものや、USBのポート数が足りないなどに縛られません。

Xbox ワイヤレス コントローラー

自分は日本マイクロソフトのWEBstoreで購入しましたが、Amazon等でも取り扱いがあります。

XBox One用のBluetooth接続にも対応したXInputゲームコントローラーです。
動作確認にはUsing your Xbox One controller in a UWP appを使用させていただいて、動作を確認しました。

・Bluetooth接続でつながっています。

そして、動作することを確認しています。

ELECOM U3HC-DC03B

HP Elite x3で有線Continuumで接続できることを報告していますが、この機器はUSB HUB機能も持っているので、複数の機器を接続するのに便利です。
購入最初にテストした際はFullHDで表示されていたのですが、次の週にテストしようとしたところ720P表示に解像度が下がってしまいました。

ThinkPad トラックポイント・キーボード

こちらはBluetooth版ではなくUSB接続版ですが、しっかりトラックポイントも使用できるので、キーボード&マウスとして使用できます。

ContinuumでGamePad確認

きちんと動くので、今後Continuumに対応したUWPゲームでは対応しておくのがいいと思います。

CENTURY CBTTR-AV2


音声送受信専用Bluetooth機器ですが、aptXにも対応しているのでAnniversary UpdateされたW10M端末でもaptX使えるかなと思うのですが、機器側でもW10M端末側でも使用しているのか判断つかないので、通勤時に使用する際に好きなヘッドフォンを使うのに便利くらいでいいかもしれません。

このほかにもUSBマウス、USBメモリなど接続しましたが、問題なく接続できました。

Windows 10 Mobile 端末は個人でも法人でも使用して不足を感じることは少ないのではないかと思います。
もちろんゲーム関連に関してはまだまだ少なく、これからという部分はありますが、Windowsとの親和性は高く、セキュリティも高い端末ですので、ぜひ次の買い替えの際には選択肢に考えていただければいいなと思います。

そして開発者としてはUWPを進めることで、PC/Mobileともに連携の高いアプリが作れますので、ぜひUWPアプリを作りましょう!
UWPなら今話題のVRもマイクロソフトのHoloLensにも対応できるうえにXBoxにも対応できますよ。

UWPはいいぞ!