Windowsストアでのマネタイズ入門

#Surface チャレンジモニター で借りた機体で開発してみた

壁紙だけとなると何なので、開発系な自分としては当然のように #VisualStudio で #UWP アプリの開発を試すわけでして

・まずはインストール!
WP_20160519_13_00_45_Pro

・インストール後のアカウント認証でHiDPI非対応なのかずれが、、、
WP_20160519_13_30_14_Pro

・開発中だったネタをVisual Studio Team Servicesで引っ張ってきてこつこつ
WP_20160521_20_18_38_Pro
Windows 10 Mobile Emulatorもきちんと動いています。

重い3Dの開発ということでなければ、UWPでもAndroidでもXamarinでも遠隔開発でもなんでも行けると思います。

ただし、デスクトップと違って内臓SSDが256GBまたは512GB(今回お借りした機体は256GB)ですので、あまりアプリケーションを大量に入れたり、大きなデータを中に持つという開発には少々向きません。

MicroSDカードスロットはありますので、128GBなどの大容量SDカードを使用することで、データ領域は増やせるとは思いますが、あまり頻繁な書き換えには速度的にも向きませんので、NAS を用意するなど工夫は必要でしょうか。

#Surface チャレンジモニターでお題の壁紙作成

Surfaceアンバサダープログラムで #Surface Pro4を貸していただいているわけですが、お題として壁紙作成をとのことですので、手持ちのAdobe Photoshop CS6等をインストールしてやってみた

WP_20160519_16_52_14_Pro

さて、どうせならペンを使おうとしたんですが、最初の状態ではこうなりました
WP_20160519_16_53_41_Pro
これに関しては事前に知ってはいたのですが、まずは体験ということでやってみたらほんとにペンでの筆圧が利かないですねー
とはいえ、「Wintab_x64_1.0.0.20」というドライバが提供されているので、これを適応すると
WP_20160520_08_27_29_Pro
こんな感じで筆圧が使えるようになります。
とりあえずペンを試し書きしたわけですが、 #Surface Pro4は非常に解像度が高いので、古いアプリだと対応しきれなく、メニューが小さいなどが発生するわけでして
WP_20160524_10_57_21_Pro
まあ、この辺は割り切って何か考えて壁紙かこう!