月別アーカイブ: 2016年2月

VAIO Phone Biz が発表

VAIOからWindows 10 Mobile 搭載のスマートフォン「VAIO Phone Biz」が発表されました。

4月に発売予定で価格は5万円台を予定とのこと

  • 搭載OS:Windows 10 Mobile
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952
  • 画面:5.5インチ 1080×1920 FullHD
  • RAM:3GB
  • ストレージ:16GB
  • SIM:MicroSIM 1スロット + microSDと共用(排他)でNanoSiM 1スロット
  • LTE:対応 FDD LTE 1/3/8/19/21(NTT Docomoのキャリアアグリケーション対応)
  • continuum:対応
  • SD:microSD (SDXC : 最大64GB)

continuumの際、画面はMiracastによる無線送信のためVAIOでは受信機として「ScreenBeam Mini2 Continuum」を推奨するとのこと。

「biz」とついている通り、ビジネス向けを意識して「continuumへの対応」「NTTドコモ法人ビジネス本部取り扱い」といったところが今までのW10M端末と違うところでしょうか。
また、すでにcontinuumに対応している「NuAns NEO」との違いとしては「RAM:3GB」のところで、メモリを使用する環境の場合には差が出るかもしれません。

ビジネス向けとは書きましたが、個人向け販売も「VAIO STORE」やMVNOの「ビッグローブ」や「楽天モバイル」での取り扱いが行われるそうです。

国内販売ということでは、Acerから予定されているもの以外は、ほぼ端末が出そろったというべきでしょうか?
Windows 10 Mobile、Windows 10ともに両輪で進みだしています、開発者としてはUWPの開発を進めたいなー

Syncfusion Essential Studio に COMMUNITY LICENSE が!

Syncfusion 社の「ESSENTIAL STUDIO」に≪COMMUNITY LICENSE≫が追加されました!

ESSENTIAL STUDIOって?

ESSENTIAL STUDIOはアプリを開発する際に使用可能なコンポーネントライブラリです。
android、iOS、Xamarin(Android,iOS,Forms)、JavaScript、ASP.NET、ASP.NET MVC、Windows Forms、WPF、WinRT、UWP、Windows Phoneの各種プラットフォームに対応しています。

何ができるの?

自作しようとすると面倒になりがちな「チャート」や「カレンダー」、「ダイアグラム」、「PDF」などをコンポーネント提供してくれています。

COMMUNITY LICENSEって結局なに?

・個人開発者
・年間売り上げ100万$(約1億円)以下の企業
・使用可能な開発ユーザー5人まで
上記の条件を満たしていれば「無償」で使用可能なライセンスになっています!
しかも、「商用アプリも可」というすごいライセンスです。

なんでそんなすごいライセンスが提供されたの?

マイクロソフト社が「Visual Studio Community」という開発ソフトの無償ライセンスの拡充を行ったことに触発されて、Syncfusion 社が提供に踏み切ったそうです。

使うにはどうするの?

COMMUNITY LICENSEのページ≫からユーザー登録をしてダウンロード後、インストールしてください。
専用のアンロックキーが提供されますので、キーの入力で使用可能になります。

さて、さらにありがたいことにSyncfusion 社は≪METRO STUDIO≫というフリーのアイコンツールも提供していただけています。
アプリの作成時に必要な各種アイコンはこれでほぼ事足りますので、ぜひ一緒に使用しましょう。

そして最後にVisual StudioXamarinを利用して、ぜひアプリを作りませんか?