iOS用のObjectCを読み込んでUWPアプリにする「Windows Bridge for iOS」が公開

「Windows Bridge for iOS」がDeveloper Previewに

Windows Bridge for iOS こちら
iOS用のObjectCプロジェクトをVisual Studio 2015で読み込んで、Windows Universal Project(UWP)アプリにすることができる「Windows Bridge for iOS」がDeveloper Previewとして公開されました。
「Windows Bridge for iOS(WinObjC)」は「Project Island wood」と呼ばれていたBuild 2015で公開されていたものです。

WinObjC こちら
「WinObjC」はMicrosoftによるオープンソースプロジェクトでGitHubで公開されています。

iOSアプリがWindowsで動くということもですが、すぐれたiOS開発者による新規のWindowsアプリの開発も期待されます!

UWPアプリなので必要環境はWindows10+VisualStudio2015+Win10SDKになります。

VS2015でUniversal Windows Platform アプリを作成する際の注意点

Visual Studio 2015でUniversal Windows Platform アプリを作成する際にWindowsの「設定」で「開発者モード」を有効にしていないとXAMLを編集する際にデザイナのExtensionが登録できないためエラーを起こします。

System.Exception
パッケージを登録できませんでした。
エラー 0x80070005: 要求を処理しているときに次のエラーが発生したため、windows.capability 拡張を登録できませんでした: アクセスが拒否されました。

このエラーですが、「開発者モード」を「有効にしていない」という形ではエラー表示されないため、非常にわかりにくいエラーです。
Windows8.1用のXAMLデザインはエラーが出ず編集可能なので混乱のもとになりそうです。

開発者向け設定

Docs.comとSwayが正規公開されました

OfficeサービスとしてDocs.comとSwayが正規公開

Docs.com こちら
Sway   こちら

Docs.comはSlideShare等のサービスのように、PowerPoint、Excel、Word、PDF等のドキュメントの公開や、WebページやDocs.comで公開しているドキュメントのコレクションを、行うことができます。
また、Blogへ埋め込みも行えます。
このサービスは日本の開発チームが主導で行っていて、自分もMS MVPとしてほかのMVPの方々と使用しながらフィードバックに協力していました。

Swayは簡単にプレゼンテーションを作成できたり、インタラクティブコンテンツを作成できるサービスです。
Swayで作ったコンテンツはDocs.comで、個人ページの背景に設定が簡単にできるなど、連携性の高さがあります。

これからも継続的に機能強化が行われるとのことですので、ぜひ使ってみてください!