UnrealEngine4がついに(売上金額しだいでは)無償化!

UnrealEngine4が月額サブスクリプションから基本無料に

四半期ごとの売上金額3000$を超えた際に5%のロイヤリティーが発生する形になりました。
また、教育、建築、ビジュアライゼーションやVR、映像制作やアニメ等、ゲームやアプリに使用していなければ無償で使用可能とのこと。

If You Love Something, Set It Free 〜UE4無料化

UE4はどなたにでも無料でダウンロードしていただくことが可能になりました。将来のアップデートもすべて無料です!

ダウンロードしたUE4は、ゲーム開発や教育、建築、ビジュアライゼーションやVR、映像制作やアニメ等、様々な用途にご利用いただけます。ゲームやアプリケーションを制作・販売された場合には、四半期ごとの総売上のうち3千ドルを超えた部分に対して5%のロイヤリティが発生します。UE4ユーザーの皆様が成功を収めて初めて、我々Epicもそのお裾分けをいただくというビジネスモデルです。

UnrealEngine4の開発はC++による制御となっていますが、「Mono for Unreal Engine」というプラグインがあり、C#での開発が可能になるようです。

Unreal Engine 4のWindowsPhone/WindowsRuntime対応は?

残念ながら現在のところ対応作業中ということしかわかりませんでした。
もちろんWindowsApplicationとしては作成可能ですので、まずはPC向けに作成しつつ、対応を待つというのもアリではないでしょうか?

MWCでWindowsPhone日本発売の光明が増えました

Mobile World Congress(MWC) 2015でfreetelと京セラの端末が公開

マウスコンピュータに続いて国内メーカーから発表がありました。

freetelブランドの端末はMWC前にプレスリリースが行われました。
最新 Windows Phone OS 搭載スマートフォン、 2015 年夏までに国内発売予定のお知らせ
なんと夏までに出すという表明です。
freetelは日本向けのSIMフリー端末販売会社なので、日本向け端末が確定したことになります。

京セラはプロトタイプとして高耐久端末にWindowsPhone8.1を搭載したようです。
engadgetさんのレポート記事がありました。
京セラがWindows Phone 8.1スマホをMWC出展。『Windows Phoneは高耐久と親和性が高い』
元々のAndroid端末にWP8.1を搭載しましたという段階のようで、端末のボタンがAndroidのままですね

AcerからWindows10 for Phones対応確約端末が発表(日本発売未定)

PC watchさんにAcer社がWP8.1端末が出すとの記事が出ました。
Acer、79ユーロでWindows 10へのアップグレードを保証したスマホ
端末としては欧州向けローエンドですが、Acer社は日本向けにAndroid端末をブックオフ経由で発売していることを考えると、もしかして選択肢が増えるということかなと思いたいところです。

Microsoftからは新端末(日本発売未定)

MWCではMicrosoftからLumia640/640XLが発表されました。
端末としてはミドルレンジの端末になるようです。
追加の特徴としては「Office 365サブスクリプション1年分」と「OneDrive 1GB 1年分」が標準でサポートされ散ることでしょうか。

開発者に向けて

それぞれの端末はWindowsPhone8.1ではありますが、Windows 10 for Phonesが視野に入っているようで、時期が来ればOS更新が降ってくることになると思います。
Windows 10 からはさらにデスク/ノートOSとモバイルOSの融合が進みます。
A社やG社のOSに比べても使用率の大きなWindowsというデスク/ノート向けOSと連携するには非常に心強い環境が整ってきます。

もちろんデスク/ノート向けがそのまま動くということはないですが、いわゆるWindowsストアアプリであれば、ユニバーサルアプリとして、モバイルにもゲームコンソールにも展開可能になり強い連携を生み出すことができる基盤が、クラウド(Azure)も含んでOneSolution/OneStoaが実現してきます。

VisualStudioによるストアアプリ、マルチデバイス開発はC/C++/C#/HTML5(JavaScript)/F#等で可能になってきていますし、UnityやUnreal Engineなどによるマルチデバイス開発もできます。

開発の親和性も非常に高い環境ですので、ぜひ開発者の皆さんには飛び込んできてほしいと思います。