月別アーカイブ: 2014年12月

Microsoft MVP Open Day JAPAN に参加してきました。

Microsoft MVP Open Day JAPAN

Open Dayは受賞した日本全国のMVPが一斉に集まってMSやほかのMVPと親交を深めたり、様々なお話をするイベントです。

また、このイベントには学生版MVPともいうべきMSP(Microsoft Student Partners)の方も参加されました。
じつは、MSP兼MVPという方もいらっしゃいます。

詳しくは「Microsoft Student Partners – 教育機関の皆様へ」をご確認ください。

今回のOpen Dayは基礎講演、懇談会、MVP同士によるディスカッション形式のセッションが行われました。
前回のOpen DayではMS社によるセッションがメインだったので、MVP同士によるディスカッションという試みは面白かったです。

できれば、もう一コマMVPなセッションがあればよかったかなとは思いますが、様々な方々とお話ができ、大変楽しかったです。

Microsoft MVP (Most Valuable Professional) アワード プログラムとは?

Microsoftが個人の活動を評価するAwardです。
私が受賞しているのは「Windows Platform Development」というカテゴリーで、このほかにも開発言語やセキュリティ、サーバ、各Office製品など多岐のカテゴリーがあります。

詳しくは「マイクロソフト MVP アワード プログラムとは」 をご確認ください。

Microsoft MVPは年4回の募集が行われており、MSDNライセンスやMVPサミット、そのほかにもいろいろな特典があります。

Blog等で情報発信や講演、出版などされており、我こそはと思う方は、是非応募してみませんか?

マルチデバイス開発選択肢としてのMicrosoft Visual Studio

マルチデバイス開発環境の選択肢

自身の開発環境上、Windowsベースとなりますが、現在いくつかの、マルチデバイス開発環境があります。

ゲームに向いているもの

細かいのを入れるともう少しありますが、Windowsで有名どころとなるとこんなところでしょうか?

開発環境としてVisualStudioを選択すべきか?

私はアプリの開発環境ということでVisualStudioを選択してるわけですが、Windows環境がメインであるというのが大きな理由ではあります。
では、ほかの方に開発環境としてVisualStudioを薦めるのか?ということになります。

標準で対応している使用可能な言語も多くあります。

  • C/C++
  • C#
  • Visual Basic
  • Visual F#
  • JScript
  • Python
  • HTML5
  • JavaScript
  • TypeScript

基本的には非常に強力なVisualStudioという開発環境もあり、Windowsという世界で広く流通、使用されているOSであるということを考えれば、薦めることに何の問題もないと思います。

なぜ基本的なのかですが、iOS/OSX専用アプリのみ開発するというのであれば、Mac環境を選択するしかないわけですので、VisualStudioを薦めるというのは難しく、Linuxなどの環境についても同じく、専用アプリだけということであれば、VisualStudioを勧めることはできないです。

ですが、Windows/WindowsPhone/iOS/Android/Web/クラウド/IoTと多岐の環境へのアプリリリースが求められる状況が増えています。

MacやLinuxでもかなりのマルチデバイス対応開発は行えますが、現在どれかしらへの開発が行えないという状況が多くあります。

もちろんVisualStudioでも単独では開発できないiOSアプリ、Macアプリ等があります。
現在VisualStudioでiOSを開発するにはどうしてもMacが別途必要で、XCodeコンパイラを経由する必要があります。
単独で開発できないだけでVisualStudioを使用した開発が可能な物は多いです。

MacにはBoot CampというWindowsをインストール可能にする公式ツールがあります。
ネイティブなWindowsをMacにインストールし、VisualStudioを使用するというのが可能です。

Boot Camp

Visual Studioに関して

さて、VisualStudioですが、MicrosoftイベントConnect();において VisualStudio Community Edition(以下 VSCE)が発表され、今までのExpress Edition(VSEE)は今後廃止されることになりました。(VSEE2015は出ないそうです)

VisualStudio Community Edition 日本語ページ

VSCEはVSEEと同じく無償で使用可能なVisualStudioですが、大きな違いがあります。
VSEEは非常に制限が大きく、各種拡張機能が使用できない、使用用途ごとにエディション(desktop、Web等)が存在するというものでしたが、VSCEはProfessional Editionに準拠した1エディションになり、今まで使用できなかったVS tools for Unity等の拡張機能が使用できるようになります。

使用条件は、個人開発者が無償または有償のアプリの開発に使用可能、オープンソースコミュニティへの貢献開発もOK、企業の場合でも条件によっては使用可能、ただし受託開発に使用するのには制限有となっているようです。
詳しくはMicrosoftのライセンス ホワイトペーパーを確認の上でお願いします。

Microsoft Visual Studioによるマルチデバイス開発ですが、標準ではWindowsデスクトップアプリ(ネイティブ、WPF、DirectX)、ASP.NET(WEB)、Azure(クラウド)、Windowsストアアプリ、WindowsPhoneアプリ、Kinect等、各種Windowsプラットフォームアプリの開発が可能です。

これ以外の場合、Xamarin(BusinessLicense以上)、Cordova(Visual Studio Tools for Apache Cordova)、Unity(Visual Studio 2013 Tools for Unity)をインストールすることで、Android、iOS向けの開発がVisual Studio上でも可能になります。

さらに.NET MicroFramework(以下 NETMF)をインストールすることで.NET Gadgeteerの開発(.NET Gadgeteer SDKと実機が必要)が可能になり、組み込み開発が比較的手軽に行えます。

.NET MicroFramework
.NET Gadgeteer 日本代理店

Windows Embedded環境向けの開発もSDKを導入することで可能ですが、EmbeddedはOSの入手がMSDNユーザー以外では開発会社くらいでしょうから、少々厳しいかもしれません。
もっともWindows Embedded 8.1 HandheldはWindowsPhone8.1用アプリが使用可能になっていますので、WindowsPhone8.1アプリ開発が、Embedded向けアプリの開発ともいえるかもしれません。

XamarinはC#.NET、CordovaはHTML5+JavaScript(TypeScript)ですので、慣れた開発言語を選択するというのも手です。

また、これらを使わなくても実は可能な方法が存在はしています。

最近Microsoft Officeがマルチデバイス対応しています。(Office 365の契約が必要な機能もあります)
AndroidでもiPadでも限定的ではあるものの編集可能なOfficeが提供されています。

さて、MS OfficeはどうやっているのかというのがMSの講演などで判明しており、内部的にはコアをC++で再利用な形で作り、OSごとに薄いレイヤを作って、UI/UXを載せるという形になっているそうです。

マイクロソフトは、C++でいかにしてMicrosoft Officeのクラスプラットフォームを実現したのか 

銀の弾丸はない。唯一のアプローチは、コストとリスクとベネフィットのトレードオフを考えることだ。

・ 良く定義された組み立て可能なコンポーネント
・ 可能なかぎりメカニカルなリファクタリングを行う
・ つねにすべてのプラットフォームで(開発中のコードが)動くようにした
・ 毎日全てのプラットフォームで大規模なドッグフーディング

XamarinはAndroid、iOS、Formsという形式がVS上で開発可能です。
Android、iOSは名前の通りそれぞれ単独用です。(MVVM Crossを使うなどで共通化は可能)
FormsはXAMLベースのコントロールが使用可能でAndroid、iOS、WinodwsPhone8.0の開発が共通化されています。

CordovaはAdobe社が構築したもので元の名前が「PhoneGap」という名称です。
そのためCrdovaで情報を探すよりはPhoneGapで探したほうが情報が見つかりやすいと思います。

連載:初めての PhoneGap 第1回 - ハイブリッドアプリのメリット・デメリット

Unityはゲームアプリまたはリッチな表現を多くしたいアプリに向いています。
Visual Studio Tools for Unityを導入することで、Visual Studio上でコード記述、デバッグ作業が行えます。

Visual Studioを、できればMSDNライセンス付きで使用してぜひ快適な開発環境の構築を行いましょう。