DirectX12(Direct3D12)がGDC2014で発表

DirectX11から5年ぶりのメジャーアップデート、DirectX12(Direct3D12)がGDC2014で正式に発表されました。(【GDC 2014】米MS、DirectX 12を発表。より“ダイレクト”な3D APIへ進化)

正式なリリースはまだ先ですが、今のところDirectX11GPU、ATI GCN、nVidia Fermi 、Intel Haswell以降、であればDirectX12も(ドライバ対応されれば)可能なようです。

Mobile分野ではQualcommがサポート表明しているようです。

今後さらにDirectX12に最適化された新GPUが発表されるのではないかと思います。

何が変わったかというところでは、Direct3Dのスレッド制御がよくなり、偏っていたスレッドが分散最適化、平準化され、これにより全体的に早くなっているようです。

MSDN Blogs > DirectX Developer Blog > DirectX 12 」に参考となる情報があり、「3DMark – Multi-thread scaling + 50% better CPU utilization」のところに比較が乗っています。

もちろんDirectX11ベースの物がDirectX12を入れて早くなるということではなく、DirectX12のAPIベースに移行(最適化)することで、各種オーバーヘッドの低減などの恩恵があり、早くなるということです。

なおリリース予定は、2015年のホリデーシーズンとのことですので、Windows8/8.1以降のOS対応ではないかと思いますが、Windows7も含まれるのかな?

現在DirectX12開発者先行アクセスが募集されていますので、興味のある方は申請してみてはどうでしょうか?
とはいえ、正規リリースが一年以上先なわけで、研究にしか使用できないのと、おそらくNDAによる公開制限がかかると思われますので、現状のDirectX11の習得が先かなともおもいます。

MantleなどのDirect3D対抗技術が出てきていますが、これまでのDirectX技術を利用して早くなるのであれば、それに越したことはないわけで、今後の公開が待たれます。

Microsoft OneNoteが無償提供開始

Microsoft OneNoteが各種デバイス向けに無償で提供されるようになっています。
onenote.com」から各種デバイスへのダウンロードが可能なようです。

・Windows(Windows7/Windows8デスクトップ)
・Windows ストア
・Windows Phone
・Mac
・iPad
・iPhone
・Android
・Web

各データは「Microsoft アカウント」を元にOneDriveで同期されるようです。

Office Lens(WindowsPhone)」といった、OneNote連携アプリなども公開されています。

EverNote」などのオンラインノートはほかにもありますが、Officeとの連携、手書き入力という部分はOneNoteの強みとなるのではないでしょうか。

Windowsストアアプリが正常にアップデート(更新)できない場合

Windowsストアアプリが正常にアップデートできない場合、下記の方法で解決できるかもしれません。

「コントロールパネル」の「トラブルシューティング」から「WindowsUpDateで問題を解決する」をクリックする。
コンパネ01

コンパネ02

「管理者として実行する」
コンパネ03

コンパネ04

これで解決できると、ストアアプリのアップデート(更新)が正常に行われるようになるはずです。

ストアアプリのアップデートを能動的に行う場合は、「ストア」の「チャーム」から「設定」、「アプリの更新」を選択することで確認してインストール可能です。

Windows ストア/WindowsPhone8で使用可能/多言語可能な言語

言語の選択」「Windows Phone のカルチャおよび言語サポート」というページに、一覧がまとまっています。

現在自分が使用している言語と、マイクロソフトエヴァンジェリストのブログに書かれた「Windows ストア ユーザの言語別分布」から下記の言語に対応するようにしておくことでアプリダウンロードの機会を増やすことができるんではないかと思います。

・en-us :英語(既定の言語)
・ja-JP :日本語
・pt   :ポルトガル語
・es   :スペイン語
・zh-Hans:簡体中国語
・it   :イタリア語
・de   :ドイツ語
・fr   :フランス語
・ru   :ロシア語

使用人口が多い言語とIT人口が多く言語としては無視できない国の言語という感じです。
また、作成したアプリに合わせて言語を選択するべきかともいますが、これだけの多言語対応を行う場合、それに合わせた画像の作成等が開発の負担になるものと思います。
まずは最低限の多言語化を施したアプリをリリースしたうえで、様子を見ながら対応言語を増やして更新リリースを行うといいと思います。

WindowsPhone8が南米やヨーロッパで普及し始めていること、自分が公開しているWP8アプリのDLがブラジルなどから増えていることからポルトガル語をサポートすることでDL数の幅がさらに増えると思います。
またポルトガル語は使用人口が多い言語でもあるので、ストアアプリ、WP8アプリともにサポートしておく意味はあるでしょう。

日本語を上位にしてるのは自分の第一言語が日本語というのもあるのですが、IT人口という意味ではDLしてくれるユーザーが多い環境でもあるからです。

もっとも、WindowsPhone8向けとなると、開発効率的のために日本語を入れておくという感じなのが悲しいところです。
早く日本で堂々と使えるWindowsPhone8かその後継(not Windows Embedded 8 Handheld)が発売されてほしいです。

MVP ComCamp が開催されます

MVP ComCamp

MVP ComCampはマイクロソフトが企画、支援したIT勉強会です。
3 月 17 日(月)よりアジアの各都市を代表する MVP によるオンラインセミナーが開始されます。
また、3 月 22 日(土)には日本国内では全国 8 都市にて MVP の皆さまや技術コミュニティのメンバーによる勉強会が開催される MVP ComCamp が行われますので、ふるってご参加ください。

各地で勉強会はいろいろ行われていますが、MVP ComCampはMicrosoft MVP受賞者が多数登壇されるという、普通とはちょっと違う勉強会です。
もちろん各所の勉強会でMVPが登壇していないわけではないですが、タイミングを合わせて多数の方が登壇されるというのは、そうそうありません。
これはMicrosoft MVPアワードをもっといろんな人に知ってほしいというMicrosoftとMVP達の願いや要望もあり、MVPが前面に出るIT勉強会になりました。
これを機にMVPアワードに興味を持ってもらい、さらにMVPが増えるといいですね。

MVPは18歳以上の方というのがあるのですが、学生の方は、別記事に書いたMSP (Microsoft Student Partners) という学生向けのプログラムに挑戦してみてはいかがでしょうか?

MSP (Microsoft Student Partners) 制度に関して

自分はMicrosoft® MVP Client Developmentという肩書をいただけておりますが、これはMSに関する物の有用な事や技術を記事にする、公演を行うなど、いろいろアピールすることで審査のうえで個人の方にMVPの肩書やMSDNの使用権をいただける制度となっています。

MVPは色々な種類というかMSの製品ごとに細かく分類されていますので、自分のようにClient DevelopmentだったりC#、office、Azure、server等々多数の方がMVPとしてご活躍されています。

さて、MVP以外にも題名にしているようにMSP (Microsoft Student Partners) という学生向けのパートナープログラムがあります。

このプログラムはMVPとは少々違う性格のものですが、マイクロソフトの製品や技術の素晴らしさを、多くの学生に伝えていくことのできる学生をという基本方針の元、人材の育成を目指した制度となっています。

MSの方がメンターとしてサポートにつき、様々な試みが行われているようです。

詳しくは「Microsoft Student Partners – 教育機関の皆様へ」を確認してみてください。

もちろんMVPを直接目指すということもありですが、MSPとしてMS社員から直接教えを乞うことができる機会でもありますので、興味のある学生は応募してみてはいかがでしょうか?

MVPに関しては「マイクロソフト MVP アワード プログラムとは」をご覧ください。

見かけた面白そうなコントロール

Silverlight Cover Flow
某プレイヤーぽいあれな表示用コントロールですね
ベータではあるもののライセンスが「Ms-PL」でソースコードが公開されているので勉強にもなると思います。