Windows10 Technical Preview Build 9926

・新Build 9926が前倒しで配布開始

先週の「Windows 10: The Next Chapter Microsoft Event」では今週からというアナウンスでしたが、前倒しで配布(Web Installer / ISOイメージ)が開始されていました。

今回のTechnical Previewから日本語を含む複数の言語イメージが配布開始されました。

日本語版を仮想環境(Hyper-V)へインストールしてみました。
新規インストールにしたのですが、インストール方法の選択が出てきます。

win10_001

win10_002

きちんと注意も出ますし、元の選択に戻れるので問題はないと思いますけど、念のためFeedBackに書き込んでおいてみました。

アイコン上下の隙間が大きくなっています。
左右の幅は今までと同じですが、アイコンサイズを小さくしても上下の隙間は広い状態でした。

win10_003

・DirectX 12 搭載済み

DirectX 診断ツールを立ち上げたところ、「DirectX 12」と表示されましたので、すでに統合が行われているようです。
名称未設定 1

「Windows 10 Phones & tablets」も搭載DirectXはDirectX 12になるものと思われますが、WP用のプログラムが来ないと不明ですね。

・Windows 10 for OneNote?

ストアアプリスタイルのWindows 10 for OneNote?が標準で搭載されていました。
ただし現在のところ日本語の入力などはできません。
表示上はPreviewとされているだけなので、これが「Windows 10 for OneNote」かは断言できません。
すでにWindowsストアにストアアプリ版OneNoteが公開されており、公開されているOneNoteは日本語入力も可能なので、新いOneNoteであることは確かだと思います。

・気になった部分

まだ取り合えず触っているだけなのですが、「ピア ネットワーク」関係のサービスが異常に負荷が高くなる状態が発生しました。
ほかにも少々不安定な挙動を示す時がありますがこれが仮想環境だからなのかTechnicalPreview版だからなのかは不明です。

※注意
Technical Preview はテストに使用してMicrosoftに要望や不具合を伝えるためのものです。
現在使用している環境には使用しないでください。